セミナー

SEMINAR

建築家や建築建材関連団体による特別講演、専門セミナーを開催。
さらに働き方改革に関連する講演や、SNSやHPの活用などのビジネスセミナーを多数開催。

  • ※ 受講料無料、事前登録制です。定員になり次第申込みを終了させていただきます。
  • ※ 受講されるセミナーを選択し、ページ下部の「申し込み」ボタンより登録フォームにお進みください。

6月7日(木)

国際会議ホール(定員:350名)

選択 内容

事前申込制

特別講演 13:30〜14:30

"Architecture as a Pavilion" パビリオンとしての建築

平沼孝啓建築研究所 平沼 孝啓 氏

セミナー会場①(定員:90名)

選択 内容

事前申込制

11:00~11:40(予定)

マンション大規模修繕工事の進め方と大阪のまち魅力アップリノベーションコンクールについて

協力:(一社)大阪府建築士事務所協会

匠設計 辻 裕樹 氏

事前申込制

14:30~15:10

できていますか?建築物省エネ法の取り組みとその対策

協力:(公社)大阪府建築士会

株式会社イワギシ 取締役 岩岸 克浩 氏

事前申込制

15:30~16:10(予定)

ロジックとロマンス

協力:(公社)日本建築家協会 近畿支部

玉置アトリエ 玉置 順 氏

セミナー会場②(定員:50名)

選択 内容

事前申込制

13:30~14:30

今、建築仕上女子が熱い!!

日本建築仕上学会 女性ネットワークの会 熊野 康子 氏

6月8日(金)

国際会議ホール(定員:350名)

選択 内容

事前申込制

建築プロフェッショナルセミナー 13:00~16:00

工務店がクレームを回避するために技術研究所を持つ方法(仮)

講演①『耐久性』

株式会社ハウゼコ代表取締役 神戸 睦史 氏

講演②「構造」

株式会社Ms構造設計 代表取締役 佐藤 実 氏

講演③「温熱環境」

有限会社松尾設計室 代表取締役 松尾 和也 氏

パネルディスカッション

有限会社松尾設計室 代表取締役 松尾 和也 氏
株式会社Ms構造設計 代表取締役 佐藤 実 氏
株式会社ハウゼコ 代表取締役 神戸 睦史 氏
コーディネーター:株式会社新建新聞社 代表取締役 三浦 祐成 氏

セミナー会場①(定員:90名)

選択 内容

事前申込制

10:30~11:20

長期優良住宅の申請を円滑にする取組みの紹介

公益財団法人日本住宅・木材技術センター 理事・認証部長 増村 浩 氏

事前申込制

11:30~12:30

産学官共同研究成果報告「木造住宅の雨漏り、結露、劣化リスクを考える」 -建物外皮に着目した木造住宅の劣化対策ガイドラインについて-

国土交通省 国土技術政策総合研究所 建築研究部 構造基準研究室 宮村 雅史 氏

事前申込制

13:00~13:40

金属サイディング外壁重ね張りリフォームのご提案

日本金属サイディング工業会 代表幹事 藪野 聡司 氏

事前申込制

14:10~15:10

香港ビジネス・セミナー「一帯一路」 シルクロード経済圏 –日本建材の可能性-

香港貿易発展局 大阪事務所 次長 田中 洋三 氏

香港における再開発プロジェクトの可能性-そして、その先」

香港貿易発展局 マーケティング・マネージャー リッキー・フォン 氏

" Architecture as a Pavilion "
パビリオンとしての建築

万博のパビリオンのように、ショウルームという機能を備えた空間を体験することで、インタラクティブな関係を生み出し、その経験を記憶に残すような空間のあり方にこれまでの作品と現在進行中のプロジェクトを通じて迫ります。

平沼 孝啓氏

講師

建築家
平沼 孝啓 氏 Kohki Hiranuma

講師略歴

1971年大阪生まれ、ロンドンのAAスクールで建築を学ぶ。99年平沼孝啓建築研究所設立。 主な作品に処女作「時間の家」や、間伐材による環境型木造建築「東京大学くうかん実験棟」などがある。主な受賞に日本建築士会連合会賞や日本建築学会作品選奨、グランド・デザイン国際建築賞(英)やジャーマン・アワード(独)、イノベイティブ・アーキテクチュア国際賞(伊)やウッド・アーキテクチャー・アワード(北米)、インターナショナル・アーキテクチャー・アワード(米)など受賞多数。09年 国立国際美術館に原寸の木造建築を再現した「建築家 平沼孝啓展」や、14年ヴェネチア・ビエンナーレ(伊)国際建築展に出展したガラス構造の建築glastectureなど、実験的な作品を多く発表する。現在、NPO/AAFを率いる。

にほんの あらたな てしごと

美術館や歴史博物館を訪れますと、現代では再現することが困難なものを見る機会が増えています。
このことは、伝統的な技術や感性が失われつつある現実を指し示しています。
日の目を見ることが少なくなった日本の素晴らしい技術や感性を、時代を越えて繋げるべく、私たちは動き出しました。
茶室は、日本の伝統的な技術や感性の集大成といえます。伝統的な技術や感性を現代的に解釈した茶室を製作、発表し続けながら、これからの日本の伝統技術が目指すべき、新しい日常を表現しています。

橋口 新一郎 氏

講師

(公社)日本建築家協会近畿支部
橋口 新一郎 氏

講師略歴

1972年大阪生まれ。近畿大学大学院修了後、出江寛に師事。2000年橋口建築研究所を設立。
日本の伝統的な技術や感性に着目し次々と茶室を発表、国内外で高い評価を得ている。
代表作に「織物の茶室」「姫島神社・社務所」著書に「にほんの あらたな てしごと」がある。
グッドデザイン賞、アジアデザイン賞、AACA優秀賞など国内外で多数受賞。
近畿大学非常勤講師 ロンドン芸術大学招待芸術家

マンション大規模修繕工事の進め方と大阪のまち魅力アップリノベーションコンクールについて

マンション大規模修繕をスムーズに行えるように、コンサルタントの公募・選定からコンサルタントに依頼する、劣化診断、基本設計・実施設計、施工業者選定補助、工事監理の各業務の流れ及び内容やポイントをなるべくわかりやすく解説します。
また、私が審査委員をさせていただいております、大阪府/大阪の住まい活性化フォーム主催の「大阪のまち魅力アップ リノベーションコンクール」受賞作品についてもお話させていただきたく思っております。

辻 裕樹 氏

講師

一般社団法人 大阪府建築士事務所協会 副会長
辻 裕樹 氏

講師略歴

株式会社匠設計 代表取締役
株式会社近確機構 取締役
一般社団法人 大阪府建築士事務所協会 副会長
一般社団法人 日本リノベーション・マネジメント協会 理事
一般社団法人 大阪府建築設計協会 理事
公益社団法人 民間総合調停センター 運営委員

講師


岩岸 克浩 氏

講師略歴

ロジック と ロマンス

人の心を魅了する建築デザイン。ギラギラむき出しの野心を冷静な論理性で解くのがプランニングです。華やかな面構えながら知的な存在感のある建築。その設計の発想から実現までを、住宅・店舗・寺院などの実例で解説します。場所と空間の本来の性能を最大限に引き出し、皆が調和するテーマ設定と建築プランニングのアイデアについて解説します。

玉置 順氏

講師

一級建築士事務所 玉置アトリエ 代表
玉置 順 氏

講師略歴

近畿大学大学院修了後、鈴木了二建築計画事務所・根岸一之建築設計事務所を経て京都宇治に一級建築士事務所 玉置アトリエ 設立
「トウフ」にて日本建築家協会 関西建築家新人賞(2008年)
「深川不動堂」にて日本建築士連合会賞 奨励賞(2011年)他
現在 近畿大学建築学部・京都精華大学非常勤講師

官庁施設のライフサイクルエネルギーマネジメント

政近 圭介 氏

講師

国土交通省大臣官房官庁営繕部設備・環境課 課長補佐
政近 圭介 氏

今、建築仕上女子が熱い!!

近年女性が、建築仕上材料の研究開発やデザインに大きく携わることが増えてきています。さらには建築施工や仕上材料の職人にも女性が進出しており建築仕上げの分野では女性の活躍が増えてきています。今回は女性が開発に携わった建築仕上材料を紹介すると共に、女性が建築現場や営業部門で働いている状況についてトークイベントの形式で講演します。会場からのご質問も大歓迎です。建築分野以外でも女性をこれから有効活用していきたいと考えている会社や、部門の方々にぜひご参加いただければ幸いです。

熊野 康子氏

講師

日本建築仕上学会 女性ネットワークの会 主査
熊野 康子 氏

講師略歴

1989年 フジタ工業株式会社(現在、株式会社フジタ)入社
     技術研究所にて建築仕上材料の研究開発に従事
2012年 日本建築仕上学会 論文賞受賞
2014年 日本建築仕上学会に女性ネットワークの会を設立 主査となる
2018年4月現在 株式会社フジタ 建設本部 建築エンジニアリングセンター 建築技術部 所属

出演予定者

熊野康子(前掲)、森嶋 順子(トーヨー科建(株))、浅見 樹里((株)エーアンドエーマテリアル)、児山 奈央美(菊水化学工業(株))

森嶋順子
森嶋 順子 氏
浅見樹里
浅見 樹里 氏
児山奈央美
児山 奈央美 氏

工務店がクレームを回避するために技術研究所を持つ方法(仮)

「温熱環境」×「構造」×「耐久性」のプロフェショナルが、工務店が住宅のクレームを回避するための技術研究所を持つことの重要性を大いに語ります。

講演①『耐久性』

神戸 睦史 氏

講師

株式会社ハウゼコ代表取締役 
神戸 睦史 氏

講演②「構造」

佐藤 実 氏

講師

株式会社Ms構造設計 代表取締役
佐藤 実 氏

講演③「温熱環境」

松尾 和也 氏

講師

有限会社松尾設計室 代表取締役 
松尾 和也 氏

長期優良住宅の申請を円滑にする取組みの紹介

当財団の自主認証事業である、「木造住宅合理化システム認定」及び「木造住宅供給支援システム認定」では、長期優良住宅の申請・審査に活用できる「住宅型式性能確認書」や「設計内容説明書」を発行しています。今回は、そのシステムの認定制度の説明を中心に、いくつかのハウスメーカーやプレカット加工メーカーの取り組みも紹介致します。

増村 浩 氏

講師

公益財団法人 日本住宅・木材技術センター
認証部 研究主幹
増村 浩 氏

講師略歴

平成17年3月 財団法人日本住宅・木材技術センター 認証部技術主任
平成28年4月 公益財団法人日本住宅・木材技術センター 認証部研究主幹
(現在、木造住宅システム認定事業及び接合金物認定事業担当)

産学官共同研究成果報告
「木造住宅の雨漏り、結露、劣化リスクを考える」
-建物外皮に着目した木造住宅の劣化対策ガイドラインについて-

木造住宅は、水分が建物内外から構造躯体側へ入り込み滞留すると劣化要因となり、屋根・外壁などの外皮の仕様が建物全体の耐久性に影響を及ぼす。国総研は、2011年度から2015年度まで24機関が参画し、木造住宅の耐久性と外皮構造の関わりについて共同研究を実施した。本ガイドライン(国総研第975号)は、雨水浸入、結露、劣化リスク、推奨仕様、情報伝達に関する調査研究成果であり、今回はその概要を報告する。

宮村 雅史 氏

講師

国土交通省 国土技術政策総合研究所
主任研究官
宮村 雅史 氏

講師略歴

1959年生まれの道産子。建設省建築研究所に入所後、2004年、現在の国総研に在籍。兵庫県南部地震以降、木造住宅の接合部、モルタル外壁、瓦屋根の設計・施工実態調査を実施。また、国総研資料 第779号「木造住宅モルタル外壁の設計・施工に関する技術資料」および今回の第975号「木造住宅の耐久性向上に関わる建物外皮の構造・仕様とその評価に関する研究」をとりまとめた。

金属サイディング外壁重ね張りリフォームのご提案

金属サイディングは新築建物の外壁や既存建物の外壁リフォームに多く採用されています。積雪地や寒冷地の多い東日本での需要は多いですが、西日本ではまだまだ普及が進んでおらず、特に重ね張りリフォームでの認知が少ない状況です。金属サイディングでの重ね張り外壁リフォームはお施主様にとって優れた利点があり、リフォームを請負われている会社様の業績増にも貢献できる商材です。その優れた利点をわかりやすくお伝えします。

藪野 聡司 氏

講師

日本金属サイディング工業会 代表幹事
藪野 聡司 氏

講師略歴

2016年より日本金属サイディング工業会幹事、2018年より代表幹事を務める。
現在は、ケイミュー株式会社 執行役員 金属建材事業部門長

香港ビジネス・セミナー「一帯一路」シルクロード経済圏 –日本建材の可能性-
「『一帯一路』~シルクロード経済圏の全貌と香港の役割」

成長し続けるアジア経済の要因の一つは、中国主導の「一帯一路」であると言っても過言ではありません。沿線国・地域でのインフラ整備の規模が向こう10年で2兆米ドル(約222兆6,000億円)と予測され、大型インフラ事業は中国企業が主導することになるが、設計/物流/資材等の業者が必要になるため、香港をはじめ、シンガポール、ベトナム等の周辺地域企業に恩恵が見込まれる。一帯一路の全貌と香港関連プロジェクトを紹介。

田中 洋三 氏

講師

香港貿易発展局
香港貿易発展局 大阪事務所 次長
田中 洋三 氏

講師略歴

大阪市生まれ。大阪外国語大学(現大阪大学)中国語科卒業後、グンゼ株式会社入社。山東省済南駐在を経て、パートナーの中国国有企業とともに2000年に北京事務所を立ち上げた。その後、中国主要都市にて インナー全般 (紳士・婦人・子供) の販売に従事。帰国後、香港貿易発展局に転じ、現在に至る。

同時開催展

防犯防災展 in KANSAI 2018

万が一の犯罪・災害対策から日常生活での備えまで、防犯・防災分野の最新製品や最先端の情報が大阪に集結! 防犯防災総合展2018

詳細はこちら

関西エクステリアフェア

日本を代表するエクステリアメーカーが集結し、2万人を超えるエクステリア関連のプロユーザーが西日本各地より来場する商談型の展示会

詳細はこちら